BIOGRAPHY

History Of The Lamb

2014-2015: Before the formation

渡辺昇(当時会社員)、学生時代の友人”S”(旧ベーシスト)、中島雄士に声を掛け音楽を再開。

“1973年にアメリカで活躍した架空のバンド”がコンセプトの『F.E.M.』、”架空のCMソングライター”による『岡田亨のセルフカバー集』という2枚のデモ音源を作成。この音源にはのちに『Debut』にてリメイクする「東京」「Judy」「君に夢中」「朝」が収録されている。

 

この年の干支にちなみ、バンド名をThe Lambと名付ける。トリオ・バンドとして活動を開始。『acetate』『7 Hours And 15 days』『Live!』の3枚の音源をリリース。「目眩」「Dissilient」「Poolside」の初期のバージョンも収録されている。

2016-2017: Early career

代々木公園野外ステージにて、オーディション型ライブイベントを主催。300組を超えるアーティストからのエントリーを受ける。その後、メンバーの多忙などを理由に一時活動休止。

2019: Metrofuturhythm

新ベーシストとして荻野潤平が加入。下北沢にてKnockout Recording Studioにて「2062」録音。エンジニアはKeiichi Morinaga氏。ベルリン国際映画祭最年少受賞、杉本大地監督によるMVを撮影。

EP『Metrofuturhythm』リリース。

初ライブにてレーベルからリリースの誘いを受けるも、レコーディング直後に会社が倒産。

2020: ‘Bout Her, So What

レーベル倒産後、すぐに新たなEP『’Bout Her』が完成。新たなレーベルからライブ企画の誘いを受けるも、COVID-19感染拡大により空中分解。


EPを自主リリース。リード曲「Plastic Girl」が多くのSpotify公式プレイリストに取り上げられる。MVの再生が大きく伸び、国内外から反響が寄せられる。

その1ヶ月後、バックラッシュが起きる。


10月EP『So What』リリース。リード曲「Petrichor」のMVには、バックラッシュへのメッセージが込められている。


同じ頃、新メンバーとしてジャズキーボードプレイヤーの宇野究人、サックスプレイヤーの山田眞二郎が加入。新EPの製作を開始。

2021: Debut, present

1月、EP『Debut』リリース。リード曲「東京」に海外のシティポップ・ファンから大きな反響が寄せられる。

前年の楽曲「Plastic Girl」が『Best City Pop Songs Of 2020』に選ばれる。

 

同じ頃、UKの音楽レーベルThe Animal FarmのVille Leppanen氏からのアプローチを受け、シングルの共同製作とリリース準備を開始。

 

3月、中国上海の音楽レーベル、Luuv Labelと契約。中国国内のストリーミングサービス、SNS、ライブイベントへのビデオ出演などを開始。

 

9月、The Animal Farmと契約。

 

11月12日、1stシングル「Atlamtis」リリース。

【ENG SUB】History Of The Lamb[Part1]

【ENG SUB】History Of The Lamb[Part2]

【ENG SUB】History Of The Lamb[Part3]